日本語教師の資格を取る習い事

習い事のひとつに日本語教師の資格取得があります。
日本語教師とは外国人に日本語を教える仕事ですが特に必要な国家資格はありません。

日本語教師の有益な情報をお届けします。

しかし法務省入国管理局によって日本語教育機関の告示基準が改定されたことにより、在留資格である留学が付与される教育機関は、一定の基準を満たしている必要があり国内で日本語を教えることができる学校の教員はこの告知基準を満たしていることが必要になります。

日本語教師になるために求められる条件は次の3つのいずれかで、ひとつは大学または大学院で日本語教育を専攻し修了していることです。



日本語教育の内容や履修単位数についても決まっており、習得したことを確認できる証明書が必要です。

学士以上の学位を有している場合は420時間以上の日本語教育研修を受講することでもよく、民間の研修養成機関や専門校等で日本語教育を学習します。



学士以上の学位とあるので大学卒業が前提となっており、習い事として専門校等に通い修了を目指します。スカイプなど同時双方向性があるメディアを利用する場合に限りオンラインなどによる研修も認められています。

他には日本語教育能力検定試験に合格することです。受験資格はなくだれでも受験が可能で、日本語教育に携わるために必要とされる基礎的な知識や能力が一定水準に達しているかどうかを判断します。

難易度は高めで独学だけで進めるよりも習い事として専門校の特別講座を利用したりする方が合格への近道です。

これらは国内の日本語学校の教員になるための必要な条件です。


学位をもたない場合は日本語教育能力検定試験に合格するか、大学などで日本語教員課程を履修する必要があり、学位をもっている場合で社会人から日本語教師を目指す場合は検定試験に合格するか、420時間以上の研修を受けるかのいずれかで資格取得を目指すことになります。