• 気になる保育士の専門学校事情

    保育士になるには資格が必要です。
    保育士資格を取得するには、保育科の4年制の大学に行くか、保育科の短大に行くが、保育専門学校に行くかの選択になります。

    本当の保育士専門学校をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

    専門学校では、3年制の所もありますが、2年制の所が多いです。


    短大や専門学校では、4年制の大学で4年間かけて勉強する所を、2年か3年で行う訳ですから、大変です。


    毎日、朝から夕方までしっかり授業がある所が多いです。
    専門学校は、卒業すると自動的に保育士と幼稚園教諭の資格が取得できます。国家試験を受ける必要はありません。


    学校で定期的にテストが行われます。



    授業内容は、音楽や体育が多いです。


    音楽では、歌やピアノがあります。ピアノを弾けない人は、一から教えて貰えますので安心です。


    体育では、リトミックやダンスなどがあります。

    保育専門学校では、幼稚園と併設されている所も多くあります。

    実際に、保育士の保育を見せて貰ったり、クラスに入って子供と触れ合う機会もあります。
    子供向けの手遊びなど数多く教えて貰えますので、就職してからも直ぐに活用する事が出来ます。
    そして必ずあるのが、実習です。
    家の近くの幼稚園と保育園に数週間実習に行きます。
    実際にクラスに入り、子供達と過ごします。



    丸一日、先生の代わりにクラスを任される、一日実習も行われます。


    この様に資格を取得するのは大変ですが、資格を取れば一生ものです。また、最近の保育士不足により、就職先が豊富にあるという所も魅力です。